鶴雅グループ リクルートサイト

屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa|調理部門(キッチン) 山崎 剛

#PERSON 03取り組める料理の幅が広いこと。
それは、とても幸せな環境だと思います

屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa|調理部門(キッチン)
山崎 剛2014年 入社
  • 屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa|調理部門(キッチン) 山崎 剛
  • 屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa|調理部門(キッチン) 山崎 剛
  • 屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa|調理部門(キッチン) 山崎 剛
  1. Q1入社のきっかけは?
    学校卒業後、札幌のホテルの調理部門に勤務した後、デザートの勉強をしたくてパティスリーで働いていた折に、ホテル時代の先輩に声をかけていただいたのが入社の直接のきっかけです。
    施設数が多く、和、洋、中、デザートと担当できる調理の幅も広いことにとても惹かれました。
  2. Q2仕事をする上で
    心がけていることは?
    調理部門はチームワークの精神がとても重要な職場です。調理人同士はもちろんですが、ホールスタッフ、予約のスタッフなどとの連携の良しあしによって、お客様の満足度や評価が分かれる仕事だと考えています。
    ですから、すべてのセクションの社員とコミュニケーションがスムーズにとれるよう「挨拶はしっかり、気持ちよく」、「名前で呼ぶ、目を見て話す」を、いつも心がけています。
  3. Q3やりがいを感じる時は
    どんな時ですか?
    「美味しい」、「ありがとう」など、お客様にお褒めの言葉をかけていただくことは、調理人としてうれしいものですが、お客様に満足していただいたことを、関わったすべてのスタッフと共有できた時の充実感は何物にも代えがたいものがあります。
    みんなの気持ちが満たされる様子を見られると、この仕事をしている歓びを感じます。
  4. Q4これからの目標を教えて
    ください
    元々、接客が好きなこともあって、お客さまと直接お話する機会を増やせたらと思っています。良いことも、そうでないことも、ダイレクトにお伺いできると、改めて気づくことや新しい発見があります。お客様の表情を見ながら、感じながら調理できる幸せな環境を活かして、私に会いに来てくれる、私の料理を食べに来てくれるお客様を作っていけたらと思っています。

就職活動中の方々にメッセージをお願いします

私が調理師を目指したきっかけは、家族のために見様見まねで作った料理をみんなが「美味しい」と言ってくれたこと、それがとてもうれしかったことでした。調理は色々な国や地域の食文化に触れながら、人を喜ばすことのできる素敵な仕事です。
自身のスキルを磨くほどにチャンスの広がる魅力もあります。少しくらいスタートする年齢が遅くても、専門の勉強をしていなくても、気持ちがあれば前に進めます。いろいろなキャリアの方にチャレンジしてほしいですね。

屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa|調理部門(キッチン) 山崎 剛

調理部門(キッチン) 山崎さんの1日

1日のスケジュール

  • 7:00-8:00
    7:00-8:00
    起床・準備起床後、身じたくを整え、出勤準備
  • 8:00-15:00
    8:00-15:00
    朝食・昼食対応オーベルジュでの朝食とランチタイムの対応、
    途中、昼食・休憩あり
  • 15:00-16:30
    15:00-16:30
    休憩夕食対応前にしばし休息
  • 16:30-20:00
    16:30-20:00
    夕食対応夕食対応及び翌朝の準備。終了後帰宅

調理部門(キッチン)の仕事

仕事内容

  • ●仕込み・調理
  • ●発注
  • ●在庫管理

求める
人材像

  • ●料理することが好きな方
  • ●向上心のある方
  • ●努力の積み重ねができる方
  • ●創作意欲のある方
  • ●心配りのできる方
ページトップに戻る